大学生活

大学生の生活が忙しい大変な理由|勉強/アルバイト/部活で時間ない

大学生なんだかんだ忙しすぎ。。

今回の記事では、大学生の生活が忙しいという理由を書いています。

大学生は忙しいあまり50%以上の学生が本を読まなくっているそうです、この件については以下の記事で詳しく解説しています。

大学生こそ読書をすべき!|読書のメリットや大学生平均読書時間まとめこんにちは、急ですが「読書」していますか? 2018年の記事ですが、朝日新聞デジタルに以下のような記事が上がっていました。 ...

世間一般的には大学生って暇と思われがちかもしれませんが、自分で自分の行動を選択できるが故に実は忙しいのです!

特に「勉強・アルバイト・部活」などで時間ないことが多いです。

そのため、時間がまじでない!という大学生向けに忙しい時の対処法や解決策について書いていきます!

この記事は他の大学生がどのくらい忙しいのか知りたい大学生や、そんな忙しくい大学生活から解放されたい大学生に向けて書きました!

僕自身、現在大学4年と忙しい大学生活を既に3年間送ってきましたが、色々試行錯誤していった中で、今が一番暇です。
単位も普通に残っていますが、時間という観点からは結構空いてます。

【真実】大学生はみんな忙しいし、時間ないの?

大学生全員が忙しいか忙しくないかっていうのは、はっきりいってしまうと、人それぞれです。

めちゃくちゃ忙しくて、バリバリ動いているぜ!という人もいれば、まったりした日々を楽しむ大学生がいます。

僕自身は忙しいわけではありませんが、リモートで働けるし、割と好きな時に好きなことをできる環境にはいます。

忙しくもなく、割と満足している生活を送っている僕の週間のスケジュールを書いておきます。

僕の一週間のスケジュール

大学の講義&課題:週20h

インターン:週20h

ブログやアフィサイト:週20h

合計週の55時間くらいは何かしているんですけど、それ以外は比較的暇です。

しかも別に時間の制約があるわけではなく、自分のやる気次第なので予定もバンバン入れることができます。

それにしても大学多すぎますね。4年生になって単位残しておくのは本当に得策ではありませんでした。

大学生は主に勉強・アルバイト・部活で忙しい

 

■あなたが「忙しい」と言うときは、なにに取り組んでいて忙しい場合が多いですか? ※複数回答

  • 第1位「授業・勉強」207人(52.4%)
  • 第2位「アルバイト」157人(39.7%)
  • 第3位「サークル・部活動」82人(20.8%)
  • 第4位「ゼミ・研究室」55人(13.9%)
  • 第5位「就活」50人(12.7%)

大学生が言う「忙しい」って何が忙しいの?大学生活の実態は‥‥

大学生が忙しいと感じる時第1位は「授業・勉強」

第1位が「授業・勉強」という結果になりました。

勉強は学生の本分なので、この結果はもっとも、至極当然のことですね。

52%もの大学生が忙しいと感じるようです。

僕自身も今現在最も忙しいなぁと感じるのは大学の講義や課題です。

とはいえそれが無かったら僕の場合朝も昼も関係なくなって堕落した生活習慣になってしまいそうなので、授業とかはあってくれた方がありがたいです。

大学生が忙しいと感じる時第2位は「アルバイト」

大体の大学生はアルバイトをしていて、僕の周りではアルバイトの掛け持ちをしている友人も少なくはないです。

学費や生活費や交遊費を稼ぐために月に何十時間もバイトしたり多い人は百数時間バイトしている友人もいます。

授業とアルバイトだけでさえ多くの時間を使い、忙しいと感じている大学生は多いのではないでしょうか。

僕自身たくさんのアルバイトを経験してきたのでだいぶスケジュール喰われる感覚はわかります。

もう大学4年なのでこれからアルバイトを始めたりすることはないと思いますが、楽に短期間でパパッと稼ぎたい方にはリゾートバイトをオススメします。

大学生が忙しいと感じる時第3位は「部活・サークル」

大学の部活動に所属している大学生はもはや学生としての本分は授業よりも練習になる程多くの時間を部活に使うことになります。

朝早くから夜遅くまで練習と言った日々が毎日続けば間違いなく忙しいとしか言いようがないですね。

比較的、拘束時間の短いサークルであっても一日2時間週に3日いけば、月に24時間ほど時間を使っている計算になります。

部活動・サークル共にしっかり取り組むと間違いなく忙しいですね。

大学生の忙しいというのは学年によって千差万別

「大学生は忙しい」と言っても忙しいの種類が学年によってめちゃくちゃ変わってきます。

なので今回は学年別に忙しい時期やポイントを解説していきます。

大学1年生の忙しい時期、忙しい理由

大学1年生は間違いなく、忙しいです。

そもそも人は新しい環境に適応するまでに時間がかかるものなので、当たり前といえば当たり前ですが、特に高校生から大学生になると今までだいぶ環境が変わります。

1年生の前期は特に忙しいと感じがちです。

というのも授業の時間も高校は50分前後だったのに対し大学は90分です。

およそ2倍弱の授業時間に最初の方は大変です。

さらに大学生は講義だけではなく、バイトやサークル、部活動等を行う人が大半ですので、

一年生の前期のうちはそれらを探すという作業も加わってくるので文句なしで忙しいです。

大学2年生の忙しい時期、忙しい理由

1年生が終わり大学生活にも慣れてきた大学2年生は就活等を考える人も比較的少なく、

大学生活では一番忙しくない時期と言えます。

なので、大学の講義を切りまくって遊ぶという人が一番増える時期です。

大学生活の中で最も忙しくないこの時期だからこそ気持ちを切り替えて新しいことを始めてみましょう。

バイトを引退するために色々と活動を始めて見るのも時間があるこの時期が最も適しているかもしれません。

大学生が不労所得でお金を得る方法5選【実体験を基に徹底解説!】こんにちは!世の大学生は進路などを決める際に 「あ〜働きたくね〜、、、俺は不労所得で生きていくぜ!!」 そう思ったこと一度は...

大学3年生の忙しい時期、忙しい理由

大学生活を折り返した大学3年生は、そろそろサークルやゼミ等を引っ張っていく存在になり、その活動がなかなか切れなかったりするので忙しくなります。

なおかつ、大学3年生くらいから就職活動を意識しだす頃になり、その準備もありかなり忙しそうですね。

就活が早く終われば楽ですが、長引くと4年生の9月とかまで続く学生もいるので早めに終わらせなければ相当しんどそうですね。

大学4年生の忙しい時期、忙しい理由

大学4年生は上述の通り就職活動と卒業するために必要な方は卒業論文の制作でしょうね。

基本的にそれ以外は暇なのでアルバイトを詰め込んで卒業旅行資金を貯める方が多いです。

大学生活で最も忙しいのはテスト期間

大学生活でいつが最も忙しいの?と聞かれるとやはりテスト期間と答えますね。

テスト期間はまさに戦場です。

とは言えテスト期間の忙しさも、大学によってかなり変わってくるそうで、比較的落ち着いた大学テスト期間を過ごせる大学は、持ち込み可や試験範囲を相当狭めてくれる大学ですね。僕の大学の学部ではそんなこと一切なく、まさしく戦いでした。

大学生は「忙しい」とどう向き合って対処していくべきか?

では、そんな忙しい大学生活をどのように過ごしていくのがより良い大学生活を送れるのかを考えていきましょう。

大学生は本当に必要なことを考えて時間を使うべき

大学生は本当に必要なことを選んでそれに注力して時間を使うべきです。

勉強にバイトにゼミにサークル。というように全てに対して取り組もう!と考えると4年間あっても圧倒的に時間が足りません。

何にどう時間を使って、どこを真剣に取り組むかという取捨選択をすることをオススメします。

無駄な時間、お金の消費はないか確かめてみよう

Youtubeや映画、ゲームなど、面白くてついついやり過ぎていませんか?

あれは面白いですけど、そういっただらだらしている時間を減らすことで生産的な時間を増やすことができます。

また、お金の浪費を減らすことによってアルバイトの時間を減らすことができ、効率的な大学生活を送れるようになります。

そのため、お金の使い方は一考するべきですね。

大学生の一般的なお金の使い方アンケートから大学生がするべきオススメのお金の使い方までを以下の記事で解説しています。

大学生がすべきお金の使い方とは?|大学生はお金に関してリスクなし そのような悩みを抱えている大学生、めちゃくちゃ多いと思います。 僕自身大学生活の3年間はアルバイトをしていたので同じ悩みを抱え...

大学生は「忙しい時間」を減らして「充実した時間」を増やそう!

客観的に見ると忙しい忙しい言っている人って、なんだかちょっと遊びとかランチとかに誘いづらいですよね。

出来るだけ自分が満足できること、やりがいを感じることに注力して、忙しい!と言わずに満足している!充実している!と言える大学生活を過ごしましょう!