コラム

【実体験】偏差値50前後の高校は本当に日東駒専に行けるのか?

こんにちは!
よた(@uotnszw)です!

僕偏差値50〜53くらいの公立高校から歴代初の現役早稲田に入ったって言うのが人生で1番(唯一)の自慢できることの
悲しい人間なんですけど

結構周りの教師とかからは無理無理言われたり友達からも何言ってんの?状態で

周りの人は大体日東駒専と言われる
日本大学東洋大学駒澤大学専修大学を目指す人が多かったです。

なぜそこらへんの大学を目指す人が多かったからと言うと偏差値が50くらいで高校と同じだから
行けるべ!みたいな感じで志望していましたねみなさん。

実際に日東駒専に合格している割合はどれくらいなのか?

ここからは実際のデータを基に書いていきます。
データは僕の母校のものです。(現在偏差値53らしい)

平成31年度のデータの場合
学生数250人のうち
早慶国立は1人もいないみたいです。

MARCHだと法政大学の2名のみで
日東駒専だと
日本大学が18名
東洋大学が9名
駒澤大学が7名
専修大学が10名で

合計は44名

あれ、めっちゃ多くない?って思った方いますよね?

これ合格者数じゃなくて合格数なんです。

1校だけ受けるって言う人は結構少なくて
大体の人は同じレベルのとこを複数個受けたりするのでおそらく
MARCH日東駒専に受かった人の数は良くて25人だと思います。

生徒数250名のうちMARCH日東駒専は25人
なんと偏差値50前後の高校の射程圏内と言われている日東駒専に受かった割合はたった

10%

なんですねー!!!!
低い!!!!

本当に日東駒専は偏差値50程度の高校の射程圏内なのか?

次は具体的な偏差値の話をしていきたいと思います。

高校受験する時から偏差値って意識しだすと思いますが、実は高校受験の偏差値と大学受験の偏差値は別物として考えなくてはいけません。

その理由は母数の差にあって

高校進学率は全国で98%を超えていると言われていることから
高校受験の偏差値はほぼ全ての全国の中学生の中での偏差値と見ることができます。

同世代のほぼ全員から割り出された偏差値ってことね

一方で大学進学率に行くとぐいっと下がります。
大学への進学率って53%そこらしかないんです

と言うことは
大学受験の偏差値は大学に進学する意思のある全国のおよそ半数近くの人から割り出された数値ということですね。

同世代のほぼ半分から割り出された偏差値ってことね

高校受験の偏差値は勉強する意思問わずほぼ全員から割り出されているのに対して
大学受験は全国の半数ほどしかいない勉強する意思のある人からしか割り出されていない
ということですね。

結果として高校受験の時に偏差値50くらいの人は大学受験で目安として偏差値40くらいのイメージになります。

つまり高校入学の時点では日東駒専は射程圏内ではなく、挑戦校ということになります。

まとめ

いろいろ書きましたが
偏差値50くらいの高校に通っている方は正直日東駒専と言われるところは射程圏内ではなく
挑戦校という結論になりました。
けどそんな周りの環境なんか正直関係なくてここから頑張ればいくらでも可能性はあると思います。
頑張れ受験生^^

てか出身高校、進学実績年々微妙になってきてるけど大丈夫?